妊娠と出産と育児を経験してみて

三年前に第一子を出産しました。なかなか妊娠することができず、不妊治療を経ての待望の妊娠だったのでとても嬉しかったです。最近はママサンタレントがブログなどでお洒落な妊娠生活、育児模様などをアップしていますが、自分もそういう生活に憧れがありましたし、そういう生活をしたいと思っていました。しかし、いざ出産をして育児が始まると、憧れていたものとは全く違いました。子育てって本当に大変です。自分の時間はなくなりますし、精神的にも肉体的にも「辛いな」と感じる事が多々ありました。ただ、それでもわが子はとても可愛くて愛しくて、辛さもわが子の為なら乗り切れました。それでも卒乳をして、最近は当初のような大変さはなくなりました。まだまだ、娘は三歳ですから、これからもっともっと違った意味で大変な事も出てくるはずです。けれども、大切な我がこの為ならきっと乗り切れるはずだと思っています。

妊娠出産育児というのはすべて大事

女性が経験できるものに妊娠出産育児があります。これらすべてはどれも大事なものになってきます。まず妊娠ですけど、この時には自分の健康をかなり意識しなければいけないです。胎児にマイナスになってしまう事はさけなければいけないですし、栄養もしっかりと考えた生活が必要になってきます。この期間中に胎児にマイナスになる事をすると直接胎児に影響してきます。また、出産においては、痛みを伴うものですので、かなりの覚悟が必要になってきます。無事に出産できるようになるべく努力をしていくようにします。また、子供ができると、次は育児をしなければいけないです。特に小さい子供は何も知らない状態ですので、親がしっかりと面倒をみて、さまざまな事を教えながら、しっかりと子供を見て行く必要があります。このように、どれも油断してはいけないです。

女性の妊娠・出産・育児の大変さ

今、イクメンという言葉があるように、子育てに協力する旦那さんが増えてきています。女性は結婚し、妊娠・出産をし、そして育児をし、とても大変なことが続きます、妊娠から出産までも、10ヵ月という長い期間お腹の中の子供を守り、また自分の健康管理もしっかりしていきます。また生れてからも、子育てという大変なことが待っています。それを理解するのが旦那さんであり、周りの人達です。しっかり協力をしていかなければいけません。子育てはなかなか一人で出来るものではありません。やはり周りの協力があってこそ出来るものではないでしょうか。今、核家族化が進んでおり、なかなか周りに頼ることが出来ないお母さん達も増えてきています。その為、是非旦那さんは積極的に子育てのお手伝いをしていきましょう。また、家事も出来る限りお手伝いをすることで、夫婦仲をこれまで以上に深めていきましょう。